購入希望者が見学に訪れる際の心得

不動産会社による査定が終わり、売出価格を決めたら、いよいよ不動産の買い手探しになります。売主はできるだけ売却する不動産に好印象を持ってもらいたい、少しでも高く売りたいと考えるものですが、それらを実現するにはどのような準備が必要なのでしょうか。

清潔感を保つことが重要

購入希望者に好印象を持ってもらうにはいくつかのポイントがあります。 まずは広告などに掲載される物件情報についてです。広さや条件については決まっている情報なので変更はできませんが、売出価格は売主が決定することができます。お値打ち感を出すために安めの価格を設定するほうが好印象を持ってもらいやすいと考えがちですが、価格が安いとその分物件にウィークポイントがあるのではないかとマイナスイメージを持たれてしまう可能性があります。また、買い手がついても安い価格でしか売買できなくなることもありますので、極力相場に近い価格を設定するほうが無難でしょう。
次に重要なのは見学時の印象です。好印象を持ってもらうには、この点が最重要と言っても過言ではありません。 まず、最低限必要なのは清潔感です。室内の掃除はもちろんのこと、一戸建ての場合は庭の手入れが行き届いていることも重要になります。清潔感で特に気にされやすいのは水回りです。キッチン、洗面所、トイレ、バスルームなどの清掃は徹底的に行なっておきましょう。経年劣化で掃除だけではカバーできない場合はリフォームを検討するのもひとつの手です。 マンションであれば、室内だけでなく共用部の清潔感も重要です。管理状態が悪いと感じている場合は、(可能であれば)見学までに管理人などを通して改善してもらっておいたほうがいいでしょう。 また、ペットを飼育していた場合や喫煙していた場合は、売主には気づきにくい匂いが残っていることがあります。そういった場合は、消臭剤でケアをしておくか、事前にクリーニング業者に清掃を依頼しましょう。
見学は、立退きが終わった場合のほかに、居住中にも行なわれる場合もあります。居住中の場合は、食事や子どもが遊んでいた形跡があると見学者によってはマイナスイメージになることがありますので、こまめに汚れなどをチェックしておくことが大事です。

自分が見学者になったと想定してみる

自分が見学に訪れたと想定して客観的に室内を見て回るのも効果的な方法です。生活上気付かなかったキズや汚れを発見することもできますので、見学前の準備での抜け漏れを防ぐためにも必ず一度は行っておきましょう。


  • 明石市役所HP

    明石市役所HP

  • 神戸市役所HP

    神戸市役所HP

  • 宝塚市HP

    宝塚市HP

  • 稲美町HP

    稲美町HP

  • 播磨町HP

    播磨町HP

  • 明石市学校区検索
  • 神戸市学校区
  • 宝塚市学校区
  • 加古郡稲美町の学校区
  • 加古郡播磨町の学校区