売却査定 売却の基礎知識の記事一覧

初めてマイホームを購入するときと同じように、初めて不動産を売却する場合、何からすればいいのか分からないことが多いものです。売却活動をスムーズに行うためには、まず手順を知っておきましょう。
不動産を売却する場合、事前にきちんと自分の経済状況を把握しておく必要があります。これがおろそかになっていると、売却時や新しい住まいを購入する際に思いがけないトラブルに遭遇する場合があるので注意が必要です。
一般的に、不動産を売却する場合は、不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約は、希望する仲介のサービスや手数料を明確化するものなので、契約内容をよく把握しておく必要があります。
所有する不動産がいくらくらいの価値があるのか知りたい場合に利用するものが、不動産会社による査定です。売却の際に大いに参考になるものですが、そもそもこの査定はどのように行なわれるのでしょうか。
長年暮らした家は愛着もあるし、買い替えのために売りたい価格の最低ラインもあるでしょう。でも、実際に売買契約を結んだ際に、当初想定していた価格より低くでしか売れないケースがあります。そういった場合は、どのような方法をとればいいのでしょうか。
不動産会社による査定が終わり、売出価格を決めたら、いよいよ不動産の買い手探しになります。売主はできるだけ売却する不動産に好印象を持ってもらいたい、少しでも高く売りたいと考えるものですが、それらを実現するにはどのような準備が必要なのでしょうか。
売却先が決定したら、いよいよ売買契約に進みます。不動産を購入する場合と同じく、この契約にはさまざまな手続きが必要になりますので、事前にひと通り覚えておきましょう。
売買後に必要な手続きとは?

売買契約が終わったら、基本的に売却は完了です。しかし、契約時までに退去が完了していない場合、引渡し日が先延ばしになるため、手続きが完了しないケースもあります。また、税金など、引渡し完了後も必要となる手続きがあるので、主なものを把握しておきましょう。
  • 明石市役所HP

    明石市役所HP

  • 神戸市役所HP

    神戸市役所HP

  • 西宮市HP

    西宮市HP

  • 宝塚市HP

    宝塚市HP

  • 川西市HP

    川西市HP

  • 伊丹市HP

    伊丹市HP

  • 明石市学校区検索
  • 神戸市学校区
  • 西宮市学校区
  • 宝塚市学校区
  • 川西市学校区
  • 伊丹市学校区