空き家管理サポート始めました!! 

空き家の管理でお困りの方へ

近年深刻化している日本での空き家問題。

相続による空き家、転勤による空き家、高齢者施設に入所することによる空き家など色々な事情によって増え続ける空き家。

これは人ごとではなく、今この記事を読んでいる人にも将来起こりうる問題でもあります。

そんな空き家ですが放置していると色々な問題が起こる可能性があります。

空き家の倒壊、特定空き家へ指定され税金の負担増など。


そうならない為に、まずは弊社にご相談ください。

空き家の管理から売却・買取・賃貸までお客様に最適のプランをご提案致します。





(株)神戸カーペンターズでは空き家の管理はもちろん、空き家の売却買取賃貸をはじめお客様に一番適した活用方法をご提案致します。
もちろんご相談は無料です。

弊社はリフォーム部も併設しておりますので、リフォームしての賃貸をお考えの方にもワンストップでご対応できます!



空き家を放置すると色々な問題が起こる可能性があります

空き家は人が住まなくなると色々な問題が起こります。


ここでは大きく分けて4つの例を挙げています。


1 庭の雑草などが茂ることにより起こる環境悪化や近隣クレーム

皆さんも街中を歩いている時に明らかにこの家は人が住んでいないなぁと感じることはありませんか?

その様な家はまずポストに配達物が詰まって溢れている。
そして庭には草木が生い茂り、物件によっては隣の家にその草木が越境し迷惑をかけてしまっているような家もありますね。

その様な家ではさらにゴキブリなどの害虫が繁殖したり、野良猫などの繁殖の場にもなり不衛生な状態になる場合が多々あります。
そうなってしまっては近隣からのクレームはもちろん、へたをすると損害賠償までおこされる可能性があります。


2 不審者の侵入で起こる近隣住民の不安感と火事・放火のリスク

空き家は、不審者に侵入されるケースがあります。

子供のいたずら場所として使用されたり、もっと悪い例では雨・風を避ける為にホームレスが住みつくといった可能性があります。
誰も住んでない家に誰かがいるとなると近隣住民の不安も増すもの。
また冬場になると寒さにこらえきれずホームレスが室内で火をおこす可能性もあり、火事に繋がることも考えられます。
また空き家は人目がないことによって放火犯にとっても恰好の餌食となります。
このように誰も住んでいない家は、不要な侵入者にとって恰好の場所として狙われる危険性があります。



3 物件によっては倒壊するリスクがあります

家をお持ちの方はご存じだと思いますが、家は10年~15年に一度外壁塗装をすることが推奨されています。

外壁塗装をすることにより雨水の侵入を防ぐ為です。
空き家になり、長い間外壁塗装をせずほったらかしにしていると屋根・外壁から雨水が浸入し家の構造物を腐敗させていきます。
また窓を閉め切って長い間放置された家は空気の循環もなく、湿気によって各箇所が傷んできます。
そのような状態のまま放置していると、将来的には最悪倒壊してしまう危険性があります。


4 【特定空き家】に指定されると様々なデメリットが発生します

「特定空き家」は後の項目で詳しく述べますのでここでは簡単にデメリットを述べます。

「特定空き家」に指定された空き家は放置することにより固定資産税の控除が適用外になったり、倒壊しそうな家に対しては解体を進められたり、それを拒否し続けると行政代執行で家が解体され、その解体費用を持ち主が請求されることがあります。

戸建ての危険性の実例

■戸建は管理を怠れば倒壊する危険性があります。

写真のように外壁にヒビ割れが入り、徐々に拡大してきています。

このまま放置していますと、ここから雨水が浸入し建物の構造体を腐食させ、建物の倒壊へと繋がります。

バルコニー部分が腐食し、一部落ちそうになっています。

バルコニー防水を怠りバルコニー内部に雨水が浸入した結果、内部が腐食した結果です。

ここまで来ると手の施しが難しくなってきます。

テラス屋根が倒壊しています。

こうなるとこの部分だけでも解体した方が良いでしょう。

庭の草木が生い茂り、隣の家に越境しています。

また蜂などの害虫が巣をつくりとても危険な状態と言えます。

ここまで来るといつ隣の家かからクレームが来てもおかしくない状態です。


家だけではありません。マンションでも管理を怠ると大変なことになります。

■マンションの結露実例

マンション北側の洋室です。
娘さんの部屋でしたが、娘さんが家を出てからはしばらく放置していた部屋です。
家具を動かしてみたら大きな範囲にわたって結露しカビが発生していました。
壁の内側のボードまで浸食しており、リフォーム費用も割高になりました。

コンセントの内部まで結露し、コンセント周りに錆まで発生しているケース。

下手をすると火事にまで発展するあぶないケースです。

マンションでよくあるのがクローゼット内部の結露。

陽当たりが良く、日常的に窓を開けるLDKでは少ないですが、通路側の洋室や、リビング奥の和室、玄関などは結露しがちな場所です。

こまめな通風が必要となります。

特定空き家とは

【特定空き家】の定義

【空家等対策特別措置法】(2015年5月26日に施行)

【特定空き家等とは、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態、その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空き家等をいう】とされています。

特定空き家に係る罰則は?

特定空き家に指定されてしまうと、先ほど簡単に述べたように土地にかかる固定資産税の優遇措置が適用されなくなるなど、所有者にとっても大きなデメリットが発生します。

まずは土地にかかる固定資産税の優遇措置の撤廃から見ていきましょう。

①特定空き家に指定された後に自治体から改善の「勧告」を受けると、【住宅用地の特例措置】の対象から除外されます。

そうなると、固定資産税額は更地状態と同等の最大6倍となるなります。

②さらに自治体の「命令」に応じずに違反となった場合、最大50万円以下の過料が科せられてしまいます。


まずは土地の固定資産税の優遇から外れるとどのくらい金額が変わってくるのか実際に見てみましょう。
もしお手元に固定資産時書類があれば一緒に計算してみましょう!


例)空き家の敷地面積が180㎡以下、課税標準額が【建物】600万円【土地】1500万円だった場合


■住宅用地の特例措置が適用される場合(通常の土地、建物にかかる固定資産税額)

【建物】600万×1.4%(税率)=8.4万
【土地】1500万×1/6(住宅用地の特例措置による減額)×1.4%(税率)=3.5万

合計 11.9万円

■住宅用地の特例措置が適用されない場合(特定空き家の勧告を受けた場合にかかる固定資産税額)

【建物】600万×1.4%(税率)=8.4万
【土地】1500万×1.4%(税率)=21万

  合計 29.4万円

建物は元々控除はありませんので同一金額ですが、土地の控除が外されると固定資産税は6倍に跳ね上がります。
通常よりも年間17.5万円も高額になることが分かります。

固定資産税が増額されないためにも、空き家の適正管理をおこなうことが必要で、「特定き空家」に指定されないように対策することが重要です。

【特定空き家】指定されてしまった!どうしたら解除できるの?

特定空家に指定される要因となった不適切な箇所を改善して自治体に届け出れば、特定空家から解除されます。



空き家を管理するメリット


【特定空き家】に指定されないことはもちろんですが、他にも様々なメリットがあります。

■不動産の資産価値を維持します

家は人が住まなくなると急速に傷みはじめるのは前述したとおり。
適切な管理を行うことにより、傷みの速度を減少させ、不動産の資産価値を守ることが大事です。

傷んだ家では土地のみの価値しか鑑定されず、また解体費もかかってきます。
家を適切に維持すれば中古戸建として販売もでき、土地販売に比べ高額で取引されることでしょう。

将来住む場合でもリフォーム費用を抑えるのにも役立つと言えます。

■近隣とのトラブルを回避できます

庭木の手入れを怠ることにより隣地へ草木が越境するとこによるクレーム。
落ち葉が排水溝に詰まることにより悪臭や害虫が発生することによるクレーム。
不法投棄の場所としてゴミが溜まり悪臭等の発生や火事の危険性によるクレーム。
野良猫の繁殖場所となり、糞尿等の悪臭発生によるクレーム。


色々起こり得るクレーム問題。持ち主はその都度対応にあたらなければならず、その精神的負担は計り知れません。

そうならない為にも、日ごろから適切な管理を行い、クレーム回避することが望ましいと言えます。

■家の倒壊による損害賠償請求を未然に防ぐことができる

家が倒壊して隣の家に被害がでたり、最悪なケースでは歩いている人を巻き込んで怪我を負わせたりした場合、まず間違いなく損害賠償請求をされます。

自分が住んでいなくても【工作物責任】が適応され、持ち主にその賠償請求がなされます。

空き家を放置していれば、遅かれ早かれこのような事故が起こる可能性があります。

適切な管理、日ごろの状況確認によって、事故が発生する前に対応することでそのリスクを軽減できます。

■各種税制等の優遇を受けることができる

先に述べた【特定空き家】の指定をされないことにより、固定資産税の控除を受けることができるだけでなく、家の売却の際の譲渡所得の税金の軽減措置も受けることができます。

これは相続した家を売却する際、売却額から3000万円が控除され、譲渡所得に対する税金が軽減される措置のことです。

また相続した財産を譲渡した場合、納めた相続税の一部を取得費に加算することができ、譲渡所得に対する税金を軽減することができます。

これらの制度は期間が決まっていますので注意が必要です。


このように管理することによりメリットがたくさん出てきます。

安易に放置するより、適切な管理・処理をすることにより、財産を守るのを心がけてください。


もしご自身で管理を行うのが難しい場合には、【神戸カーペンターズの空き家管理サポート】をご利用ください。
責任を持って管理させていただきます。



管理サービス内容・料金

基本メニュー

基本サービス内容 現場に管理看板設置
近隣挨拶
家の外側から目視で家の状態を確認
敷地内庭木確認
前面道路の清掃
ポスト清掃
通風・換気(20分)
通水・水漏れ確認(5分)
雨漏りなど屋内の確認
電気メーターの確認
水道メーターの確認
クレーム一時対応
報告書の送付・郵便物の転送

毎月管理報告書を作成しメール又は郵送にて送付いたします。

各管理項目にはチェック欄を設け、また異常箇所があれば写真を添えて問題点を報告致します。


オプションメニュー

オプション内容 費用
害虫駆除 要見積もり
庭木の草刈り 要見積もり
不法投棄などのゴミ処分 要見積もり
緊急時の点検(台風・地震後) 3000円

対応エリア

地域密着がモットーの弊社ではご対応エリアを明石市のみと限定させていただいております。

明石市のみにすることにより、きめ細かな管理と何かあった時の即対応が可能。

地域への社会貢献もかねての対応エリアとさせていただきます。

お問い合わせ

  • 明石市役所HP

    明石市役所HP

  • 神戸市役所HP

    神戸市役所HP

  • 宝塚市HP

    宝塚市HP

  • 稲美町HP

    稲美町HP

  • 播磨町HP

    播磨町HP

  • 明石市学校区検索
  • 神戸市学校区
  • 宝塚市学校区
  • 加古郡稲美町の学校区
  • 加古郡播磨町の学校区