空き家の売却

空き家を抱える相当数の方が選択するのが空き家の売却です。

相続で親から譲り受けた思い出の家でも、両親の死後兄弟の誰かが住む場合は大丈夫かもしれませんが、今後誰も住まない家になる場合は先ほど述べたように【管理】や【固定資産税の負担】等の問題が出てきて手放すケースが見られます。


また遺産相続の兄弟間の分配としても売却して現金化する方が平等にまた早く解決するというのも理由のひとつです。


もし何らかの理由で空き家の売却をお考えの方は弊社にお任せください。
弊社は不動産の売却の方が専門ですので安心してお任せいただけたらと思います。


それではここから不動産の売却方法に関して説明します。

①現況のまま売却する

家の売却方法でもっともポピュラーなのが
【空き家を現況そのまま売りに出す】方法です。


家の状態が良ければ【中古戸建】として販売し、建物が傷んでいてリフォームしても難しい状態の場合は【土地】としての販売をしていきます。

または【中古戸建】・【土地】の両方の販売を同時に進めることも可能です。

中古戸建ての方が価格も高く売れますので弊社としてはお客様のニーズに応えながら金額や期間を考慮しての販売促進を進めます。


現況売却のメリットは、【手間がかからず】【お金の持ち出しがない】というところです。

【手間がかからない】

売却にあたり売主様にしていただくことは荷物の整理くらいです。
室内の見栄えを良くするために必要最低限の室内の整理整頓、または遅かれ早かれ荷物は整理しないといけませんので販売前に全て整理し室内を空にするのも良いかもしれません。

【お金の持ち出しがない】

土地売りの場合の家の解体費や造成費、測量費等は全て買主の負担となりますので、売主の負担は一切ありません。

この2点からももっともお手軽な販売方法と言えます。

実際は弊社では仲介をしておりますが、大多数の方が現況のまま売却しています。



②建物を解体して売却する

あまり一般的とは言えないかもしれませんが、状況によっては売主の負担で建物を解体して土地として売却するという方法もあります。

上記の【現況のまま売却】と比べると先に自分でお金を出して建物を解体しないといけませんので費用負担がかかってきます。

建物が倒壊しそうな程傷んでいる場合や、庭木が生い茂ってたり建物も薄気味悪い印象を与える物件ですと低価格で買われたり、売却に時間がかかる場合があります。そのような場合に限り解体して更地にしてみるのもいいかもしれません。

空き家の売却をお考えの方は神戸カーペンターズへご相談ください。

元々弊社は不動産業を生業としておりますので、売却から買取までお客様のニーズに合わせて柔軟に対応させていただきます。


不動産売却についても詳しく知りたい方はこちらをクリック!



お問い合わせ

  • 明石市役所HP

    明石市役所HP

  • 神戸市役所HP

    神戸市役所HP

  • 宝塚市HP

    宝塚市HP

  • 稲美町HP

    稲美町HP

  • 播磨町HP

    播磨町HP

  • 明石市学校区検索
  • 神戸市学校区
  • 宝塚市学校区
  • 加古郡稲美町の学校区
  • 加古郡播磨町の学校区