売買契約時に必要なこと

売却先が決定したら、いよいよ売買契約に進みます。不動産を購入する場合と同じく、この契約にはさまざまな手続きが必要になりますので、事前にひと通り覚えておきましょう。

書類を交わすほか、物件の最終確認なども必要

売買契約には、「不動産の最終確認」「各種書類の手続き」「代金の支払い・受け取り」「固定資産税などの精算」「カギの受け渡し」「諸費用の支払い」が必要となります。
「不動産の最終確認」では、売り手・買い手の両者で物件の最終チェックを行ないます。これによって両者の了承を得たことになるので、契約時の状況と異なっていても、その後のトラブルを防ぐことができます。確認するポイントとしては、設備が設備表の記載どおりであるかどうか、給排水設備の故障はないか、雨漏り・害虫はないか、ガス配管の状況はどうかなどの確認を行ないます。 「各種書類の手続き」では、司法書士同席のもとで登記の移転を行ないます。また、管理規約、パンフレット、付帯設備の保証書、建築確認通知書などの受け渡しを行ないます。その他、売買に関わることが記載された売買契約書を交わします。 「代金の支払い・受け取り」では、買い手側がローンを組む金融機関担当者同席のもと、代金の受け渡しを行ないます。このとき、売主は領収書を発行し、買主に渡します。 「固定資産税などの精算」では、引渡し日以降に買主側の負担となる金額を日割りで算出し、売主は清算金を受け取ります。 「カギの受け渡し」では、売買物件引渡完了確認書を交わします。まだ売主側の退去が完了していない場合は、売買契約書の特約部分に引渡し猶予の時期を記入します。 「諸費用の支払い」では、仲介を依頼した不動産会社に仲介手数料を支払います。
 
分からないことは不動産会社に相談を

以上、不動産売買契約で交わされる主な手続きを紹介しましたが、これらすべてを完璧に把握しておく必要はありません。必要な手順などはすべて仲介を依頼している不動産会社が把握してサポートしてくれるので、案内に沿って行えば間違いなくスムーズに進めることができるでしょう。 とはいえ、大きな金額が動く取引であり、手続きのなかには複雑なものもありますので、不安に感じる人もいるでしょう。そういったときは不動産会社にその旨を相談してみるのが効果的な方法です。事前に準備しておくものも含めてアドバイスを受けることができるため、些細なことでも構わないので不動産会社に伝えておくと安心につながります。


  • 明石市役所HP

    明石市役所HP

  • 神戸市役所HP

    神戸市役所HP

  • 宝塚市HP

    宝塚市HP

  • 稲美町HP

    稲美町HP

  • 播磨町HP

    播磨町HP

  • 明石市学校区検索
  • 神戸市学校区
  • 宝塚市学校区
  • 加古郡稲美町の学校区
  • 加古郡播磨町の学校区